8月23日(火)世界大会参加者2名と全国大会優勝者5名で酒田市の丸山市長を訪ね、活躍の報告をさせていただきました。

スペインで行われた世界大会では、東洋大1年阿部雄人 選手(18)は17、18歳対象の100メートル走など3種目で優勝し、酒田光陵高3年石川和実 選手(18)は17、18歳対象の片足50メートルで2位となりました。

また、全国一輪車競技大会で優勝した中学生〜幼児5名も活躍の報告を行いました。

丸山市長からは「2年後の世界大会(韓国)でもぜひ活躍してほしい。」と期待のお言葉をいただきました。

お忙しい中、お時間をいただき誠にありがとうございました。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

20160823

Submit to FacebookSubmit to Google PlusSubmit to Twitter